お問い合わせ
menu

診療案内

外科、消化器外科、肛門外科のご案内

取り扱っている主な疾患

内視鏡診断一般

 上部消化管、ERCP、下部消化管の診断を行っております。

消化管出血の内視鏡的止血術

 食道胃静脈瘤硬化療法、結紮術、ヒストアクリル注入等の緊急止血、予防、待機療法、潰瘍等の止血に対しクリッピング、局注療法を行っております。

ポリープ、早期癌の内視鏡的切除

 胃や大腸のポリープ、早期癌の粘膜切除による治療を行っております。

黄疸の治療

 総胆管結石や腫瘍による閉塞性黄疸に対し内視鏡的砕石術、ERCP、PTCDを利用しチューブステントやメタリックステントを留置し減黄を行っております。

胃瘻造設

 脳梗塞後遺症等で経口摂取不能例への栄養補給をするために内視鏡的胃瘻造設術を行い、在宅医療を促すことを目的に行っております。

手術療法

 良性疾患はなるべく最小限の侵襲で、なおかつ美しく、悪性疾患は可能な限り根治的に、をモットーに手術を行っております。

腹腔鏡下手術

 主に胆石に対し腹腔鏡下手術を行っております。

ページの先頭へ