お問い合わせ
menu

診療案内

リハビリテーション科のご案内

 リハビリテーション(rehabilitation)の“re”とは「再び」。“habilitation”は「適合させる」あるいは「能力」という意味です。つまり、リハビリテーションの語源は「再び(できることを)適合させる」あるいは「能力の回復」となります。また障害を抱えている患者様その人が、“その人らしく”社会で生活を行えるように身体的な不自由さの改善や自宅などの環境の改善などをサポートしていくことです。

主な取り組み

理学療法 Physical Therapy (PT)

 理学療法(Physical Therapy(PT))とは、脳卒中や大腿部・腰椎などの骨折後など、なんらかの理由によって体が不自由になった人に対し、心と身体の両面からリハビリテーションを提供し、在宅復帰、社会復帰を図ります。主な目標に起き上がる、座る、立つ、歩くなどの基礎動作能力の獲得を挙げ、その方に合わせて可動域の拡大や筋力増強訓練などの運動療法、物理療法(電気・温熱などを使用し、痛みを和らげたりします)などを行い、支援していきます。
 呼吸リハ・緩和・神経難病など幅広いリハビリテーションを提供しています。

ページの先頭へ

作業療法 Occupational Therapy (OT)

 作業療法(Occupational Therapy(OT))とは、脳卒中や神経難病、腕や指先の骨折などの患者様に対してリハビリを提供します。特に上肢・手指の細やかさの訓練や、食事、トイレ動作、入浴などの身近にある動作の獲得や復職・家庭復帰を目標に家事動作に取り組むこともあります。
 当院では独居生活の患者様が自宅に退院する場合が多く、特に入浴やトイレ動作などや調理動作といった家事動作に力を入れて取り組んでいます。

ページの先頭へ

言語聴覚 Speech Therapy (ST)

 言語聴覚(Speech Therapy(ST))とは、脳卒中などで失語症や構音障害、高次脳機能障害などコミュニケーションに障害を持った方々や、飲みこみが困難になる嚥下障害に対してリハビリテーションを提供し、医師の指示のもと発症当日または早期からの評価・訓練介入によって、機能回復に向けてアプローチを行います。人間としての楽しみである「喋ること」「食べること」を出来るだけ取り戻していただく為に、回復に向けての訓練はもちろんですが、患者様の話をゆっくりと傾聴し、相談に対しての助言も行えるように心掛けています。
 また最近ではアロマテラピーを用いた訓練やリラクゼーションなど、新たな取り組みにも挑戦しています。

ページの先頭へ

ページの先頭へ