お問い合わせ
menu

診療案内

整形外科、リウマチ科のご案内

 外傷を含め、あらゆる関節、筋肉、神経疾患をあつかう運動器の総合的な科ですが、関節リウマチ及び骨粗鬆症に対しては特に積極的に検査、治療を行っております。

責任者 診療部長 岡田成弘
日本整形外科学会専門医
日本リウマチ学会専門医

取り扱っている主な疾患

高齢者の骨折

 高齢者の骨折は手術をしない治療法や侵襲の少ない手術によって、できるだけ早く起き上がり、以前のように歩いていただける治療を考えます。基本的には受傷した翌日か翌々日に早期に手術を行い、手術の翌日からリハビリテーションを開始できるように努めています。

関節リウマチ

 関節リウマチの治療は、より早期の診断、治療を心がけ現在最新の(生物学的製剤を含めて)よく効く薬を適切に投与し、そのコントロールに努めます。
 装具やリハビリテーション、関節注射ももちろん併用し、またすでに破壊されてしまった関節(膝、肘、股)を人工関節で置き換える手術も行っています。

骨粗鬆症

 適切な機器による骨密度測定、骨の尿中代謝物検査を行い、その人に応じた薬物療法の選択、食事指導、運動指導も併用して、骨折の予防(寝たきり防止)をめざします。

椎間板ヘルニア

 首や腰の痛み、頸椎や腰椎が原因の手足の痛みやしびれに対してはMRIで診断し、すぐに手術をしないで保存的にまず治療します。そのために入院して頂くこともあります。他院であれば即手術になる患者様であっても、その7割程度は入院による保存療法で改善されています。

人工関節置換手術

 末期の変形性関節症や関節リウマチに対して行っています。輸血が必要となる場合は患者様の自己血液を前もって貯えておき使用しますので、他人の血液を輸血することは殆どありません。

コスト

 患者様の負担を考えて、できるだけコストの少ない治療法を選んでいただくようにしています。

ページの先頭へ