お問い合わせ
menu

診療案内

麻酔科のご案内

取り扱っている主な疾患

当院で行われる全身麻酔を担当しております。

安全に麻酔を行なうためには、手術前に患者さんの状態を十分把握することが必要です。そのため術前検査を受けていただき、アレルギーの有無や持病、過去の手術歴についてもお尋ねしたりします。必要であれば追加検査をお願いすることもあります。

手術中は心電図、血圧計、経皮的酸素飽和度モニター(パルスオキシメーター)、呼気二酸化炭素モニター(カプノメーター)等を用い、常に全身状態を監視しています。これらのモニターや患者さんの状態を見ながら適切な麻酔を行なうよう努めています。

手術後は必要に応じて、鎮痛剤の持続静脈内投与や持続硬膜外麻酔を用いた鎮痛も行っています。

また、緩和ケアチームの一員としても活動しています。

ページの先頭へ