日帰り人間ドック Through Medical Examination

人間ドックで、疾病やその要因(遺伝要因・外部環境要因・生活習慣要因)を早期発見・早期治療し、日々の健康づくりにお役立てください。

料金・日時

料金 37,000円(税込)
実施日 月曜日~土曜日
※検査項目によって実施日が制限される場合があります
実施時間 午前8:00~午後3:00 昼食付き

人間ドックのご説明

人間ドックの目的

近年食生活やライフスタイルの変化に伴い、糖尿病や高血圧、高脂血症などの生活習慣病が増加しています。これらの生活習慣病はかなり進行しないと自覚症状がなく、現れた段階では治療が困難である場合も少なくありません。しかし、早期に発見し、治療を開始すれば治癒させることもできます。
人間ドックの目的は、病気の早期発見、病気の早期治療、病気の予防のための総合健診です。ご自分の健康管理のために、定期的に人間ドックを利用されることをお勧めします。

予約方法

電話もしくは来院していただき、予約をしてください。
① 準備していただくものもありますので、予約は出来れば1週間前までにお願いします。
② オプション内容も決定してください。(後日追加も可能です)

* 上部消化管検査は、透視検査(バリウム)と内視鏡検査(カメラ)のどちらかを選択していただきます。検査方法によって実施可能日が違いますので、ご注意ください。

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
透視検査(バリウム)
第2・5週
内視鏡検査(カメラ)

検査日までの準備

以下のものをお渡し(送付)します。
○問診票 ⇒ 2種類あります。検査当日までに必ず記入してください。
○上部消化管検査を受ける方への注意事項 ⇒ 前日までにお読みください。
○便容器 ⇒ 3~4日前から準備していただいて結構です。
※採便後は容器を涼しい所で保管してください。
○喀痰容器 ⇒ オプション検査希望者のみ送付いたします。2日前から準備していただいて結構です。

検査にあたっての注意事項

【検査前日】
食事は暴飲暴食を避け午後9時までに済ませ、アルコールも控えてください。
午後9時以降はお茶か水でしたら飲んでいただいて結構です。
上部消化管検査をされる方は、専用の注意事項に従ってください。

【検査当日】
朝は絶食でお願いします。
主治医の指示により、服用しないといけない薬がある場合は、水かお湯で服用してください。
上部消化管検査を受ける方は、専用の注意事項に従ってください。

当日持参していただくもの

  • 問診票(2種類)
  • 便容器(当日までに準備できなければ、後日提出でも結構です)
  • 服用中の薬、もしくはお薬手帳
  • 健康保険証
  • 健診料

人間ドック検査項目

区分 項目
理学的検査 問診・内科診察・指導等
身体測定 身長・体重・標準体重・肥満度・BMI・腹囲
聴力検査 オージオメーター
眼科検査 視力・眼圧・眼底
肺機能検査 予測肺活量・肺活量・肺活量比・1秒量・1秒率・%1秒量
循環器検査 血圧・安静時心電図
超音波検査 腹部(肝臓・胆嚢・腎臓 等)
X線検査 胸部レントゲン
上部消化管透視検査(バリウム)※
内視鏡検査 上部消化管内視鏡検査(カメラ)※
便検査 便潜血(2回法)
尿検査 定性 糖・蛋白・潜血・ウロビリノーゲン・比重・PH・ケトン体
沈渣 白血球・赤血球・扁平上皮
血液検査 一般 白血球・赤血球・血色素量・ヘマトクリット・血小板
MCV・MCH・MCHC
血液像
免疫 CRP
肝臓・胆嚢 総蛋白
アルブミン
総ビリルビン
GOT
GPT
γ-GTP
ALP
脂質 総コレステロール
DLコレステロール
LDLコレステロール
中性脂肪
腎臓 尿素窒素
クレアチニン、eGFR
尿酸
膵臓 アミラーゼ
糖尿病 空腹時血糖
HbA1c
食後2時間血糖(任意)
食後2時間尿糖(任意)
感染症 HBs抗原
HCV抗体
梅毒反応(TPHA、RPR)
腫瘍マーカー CEA(肺・大腸等)

※上部消化管検査は、透視検査(バリウム)と内視鏡検査(カメラ)の選択になります。

透視検査(バリウム)と内視鏡検査(カメラ)について

透視検査について

【透視検査の特徴】
☆造影剤(バリウム)を飲んで、角度を変えながら食道→胃→十二指腸をX線で撮影。
☆形態・通過状態・粘膜の荒れやただれ、潰瘍、がん、ポリープの有無等を診断します。
☆X線撮影した影をみるもので、直接胃の粘膜などをみる検査ではありません。

内視鏡検査について

◎経口(口からの挿入)・経鼻(鼻からの挿入)のいずれかをご選択ください。

【鼻腔内視鏡の特徴】
☆鼻からの内視鏡は先端約5mmという細さです。検査の苦痛が少ないため、強い麻酔の必要もありません。
☆内視鏡が舌のつけ根を通らず、のどに触れることもないので、吐き気をほとんど感じずに検査を受けることができます。
☆検査中も会話が可能です。質問をしたいとき、気分を告げたいときなど、医師と自由にお話できるのが安心です。
☆処置具用の2mmの「鉗子口」を備えているので、胃液の吸引や組織採取なども行えます。
☆超小型CCDを搭載しているため、医師は通常の内視鏡と同等の高画質で観察が行えます。

【ご注意ください】
○鼻腔や患者様の様態によっては、鼻からの挿入が難しい場合もあります。
○経鼻内視鏡は非常に細いため、処置には適さない場合もあります。
○鼻腔からの挿入ができない場合は、口腔からの検査になります。

※詳しくは、診察時に担当医師にご相談ください。

検査後の対応

【透視検査】
造影剤を体外に出すために、下剤を飲んでいただきます。食事は普通に摂っていただいて結構です。

【内視鏡検査】
麻酔がきいていますので、検査後1時間は絶飲食していただきます。1時間後に水を飲み、麻酔が切れていることを確認してから食事を摂って下さい。病理組織の検査をされた場合は、刺激物は避けてください。

※透視検査で異常がみられた場合は、内視鏡にて詳しく調べる必要がある場合があります。

オプション

消化器系

内臓脂肪検査(CT) 3,000円
ヘリコバクターピロリ抗体検査 2,000円

呼吸器系

肺がん検診(胸部CT・喀痰検査・腫瘍マーカー(4 種)) 15,000円
肺CT(マルチスライスCT) 10,000円
喀痰細胞診検査 3,000円

腫瘍マーカー

男性 女性 肺がん 肝がん
セット1 セット2 セット1 セット2
CA19-9(膵臓・胃)
PSA(前立腺)
CA125(卵巣)
AFP(肝臓)
SCC抗原
(肺・食道・子宮頚部)
CEA(肺・大腸等)
PIVKAⅡ(肝臓)
CYFRA(肺)
ProGRP(肺)
料 金 6,000円 7,000円 6,000円 7,000円 6,000円 4,000円

※1項目ずつでの追加の場合、各2,000 円
は基本項目に含まれています

超音波検査

頚動脈 3,000円
甲状腺 3,000円

その他検査

骨密度検査 1,000円
動脈硬化検査 1,500円
簡易脳ドック検査(頭部MRI・MRA、頚部MRA、診察) 30,000円

脳ドック検査の実施日

脳ドック検査:第1・第3木曜日

婦人科検診

子宮がん検診

子宮頸がん検診(内診・子宮頸部細胞診) 3,300円
子宮体がん検診(内診・子宮体部細胞診) 5,500円
子宮頸がん・体がん同日検診 7,700円
HPV(ヒトパピローマウイルス)検査
(子宮頸がん検診のオプションとしてのみ実施)
3,600円

乳がん検診

乳線超音波検査 3,300円
乳房視触診・マンモグラフィ(2方向) 7,700円
乳房視触診・マンモグラフィ(2方向)・超音波検査 10,000円

婦人科検診の実施日

子宮がん検査:毎週火曜日・水曜日
乳がん検査(マンモグラフィ) :第1・第3火曜日及び毎週月曜日・水曜日・金曜日
乳がん検査(超音波検査) :毎週月曜日

ダウンロード

ご予約・お問い合わせ

医療法人 いちえ会 洲本伊月病院
TEL:0799-26-0771(病院代表)
FAX:0799-26-0786 (健診センター)
フリーダイヤル:0120-185-150(健診センター)
予約受付時間 月~土曜日(日・祝日・第5土曜日休み)、午後3時~午後6時