看護部学会発表実績

  • Home
  • 看護部学会発表実績

第6回 (H15・10/11・12 香川県県民ホール)

発表者

タイトル

蔭山 美智子

間接嚥下訓練の取り組み −準備運動の有用性について−

石田 久子

足枕の工夫から −多目的指示枕の制作−

山崎 智恵美

訪問看護による在宅支援の1症例 −要介護5の妻を看る要介護1の夫を支えて−

谷池 信子

オムツコストに注目! −適正使用により患者負担の軽減を図る−

小林 弘実

ベッド柵も抑制 −行動分析によるベッド柵削減の試み−

第8回 (H17・7/16・17 かごしま県民交流センター)

発表者

タイトル

森下 亜紀

水害時対策マニュアルの見直し (台風23号浸水被害経験をふまえて)

第9回 (H18・7/15・16 朱鷺メッセ:新潟コンベンションセンター)

発表者

タイトル

藤本 明日香

転倒・転落専用フローチャートの活用

第10回 (H19・7/14・15 大分県別府市「ビーコンプラザ」)

発表者

タイトル

木下 昌子

ドレーン用術後キャップの作成 〜三角巾からの移行〜

第11回 (H20・7/19・20 札幌市「ロイトン札幌」)

発表者

タイトル

片岡 登志子

患者のストレス、看護師のストレス

第12回 (H21・7/18・19 ホテルニューオータニ大阪)

発表者

タイトル

中山 真希

退院なんていや!? 退院後のアンケート調査から

濱田 泰司

感染性医療廃棄物 〜現状の再確認〜

第13回 (H22・7/17・18 釧路市観光国際交流センター)

発表者

タイトル

山本 久美

爪白癬に対して外用真菌薬に併用して、爪研磨を取り入れたフットケアの有効性

石崖 智子

ナースコールから学ぶ(実態調査)

第14回 (H23・7/16・17 松山市「ひめぎんホール」)

発表者

タイトル

篠原 正美

rt−PAの時間短縮への取り組み 〜NIHSS評価の看護師トレーニング〜

竹内 道子

独自の計画表を用いての排泄自立への援助

第17回 (H26・7/19・20 東京国際フォーラム)

発表者

タイトル

中村 麻衣

脳神経外科病棟で在宅支援看護を行った末期重症筋無力症患者の1例

石崖 智子

勤務中に体験した阪神淡路大震災18年目の直下型地震

第18回 (H27・7/18・19 ホテルオークラ神戸)

発表者

タイトル

田中 麻衣

不眠・不穏患者に対するカームネスケアの実際 〜シャボンラッピングを通して〜

澤田 僚子

自分で食べるとおいしいよ! 〜体位に制限がある患者様への食事セッティング〜

第19回 (H28・7/23・24 熊谷市「ホテルガーデンパレス」)

発表者

タイトル

金谷 登

看護補助者のキャリア開発ラダーの考察

池田 恵理

排泄能力の獲得に向けての取り組み 〜排泄チェック表の見直しを行って〜

不動 紀子

とろみ付き流動食を導入して 〜摂取カロリー見直しへの取り組み〜

ページの先頭へ

第11回 (H18・6/23・24 神戸国際展示場)

発表者

タイトル

二階堂 とよ子

一般病院での少人数の訪問看護が“自宅での看取り”の立ち上げを可能にした3つのマニュアル作成

桂 あかり

在宅で看取りを行う上で家族の“道しるべ”となった死の教育のパンフレットの作成

第12回 (H19・6/22・23 岡山コンベンションセンター) 

発表者

タイトル

佐伯 尚美

家族の不安が減少した看取りへの道しるべ

第13回 (H20・7/4・5 静岡県コンベンションアーツセンター グランシップ)  

発表者

タイトル

桂 あかり

癒し・癒やされるグリーフケアの勧め 〜訪問し直接対話することのすばらしさ〜

松延 理恵

在宅療養が継続できず病棟で看取りにいたった症例の検討 〜一般病棟看護師の立場から〜

第14回 (H21・6/19・20 大阪国際会議場−GRAND CUBE OSAKA−)  

発表者

タイトル

佐伯 尚美

余命が数日でも在宅で過ごしたいというニーズに応えて 〜在宅療養を支える家族に寄り添いながら〜

第15回 (H22・6/18・19 東京国際フォーラム) 

発表者

タイトル

桂 あかり

在宅でも入院と同じ輸液管理を行うために 〜グローションカテーテルの有用性について〜

第16回 (H23・7/29・30 ロイトン札幌)  

発表者

タイトル

川 二美

淡路島における当緩和ケアチームの位置づけと今後の展望 〜紹介状からみてとれたもの〜

内藤 美保

紹介患者の緩和ケアの受け入れ状況に着目して 〜信頼関係の早期構築に向けての関わり〜

第17回 (H24・6/22・23 神戸国際展示場) 

発表者

タイトル

木下 昌子

各科混合外来での化学療法をより安全に行う取り組みについて 〜各部署との連携の強化とマイノートの活用〜

第18回 (H25・6/21・22 パシフィコ横浜)  

発表者

タイトル

川 二美

緩和ケア病棟がない中での療養病棟における課題 〜淡路島で緩和ケアを行うにあたって〜

佐伯 尚美

在宅希望の本人と看取りの不安のある家族との間で 〜在宅死だけがゴールじゃない〜

第19回 (H26・6/20・21 神戸国際展示場)  

発表者

タイトル

川 二美

一般病棟で緩和ケアに関わるスタッフの負担軽減の一考察

第20回 (H27・6/18〜20 パシフィコ横浜)  

発表者

タイトル

川 二美

死亡時に家族が間に合わなかった症例を振り返って

第21回 (H28・6/17〜18 国立京都国際会館)  

発表者

タイトル

川 二美

淡路島における終末期患者のモニター装着の現状について

ページの先頭へ

第42回 日本看護学会学術集会(H23・9/17・18 大阪)

発表者

タイトル

川 二美

在宅緩和ケアが継続できず再入院となる症例を予測するためのチェックリスト NO.1

佐伯 尚美

在宅緩和ケアが継続できず再入院となる症例を予測するためのチェックリスト NO.2

ページの先頭へ

第57回 全日本病院学会(H27・9/12/13 ロイトン札幌)

発表者

タイトル

島崎 美由紀

とろみ付き流動食を導入して 〜得られた良い結果を考察する〜

谷田 愛莉

介護業務の負担軽減の取り組み 〜吸収力の高い紙オムツを導入した結果〜

ページの先頭へ

第12回 兵庫県民間病院学会研究発表会(H28・9/3 神戸)

発表者

タイトル

吉井 知子

レビー小体型認知症の父への看護を通して

ページの先頭へ

平成21年度  近畿地区看護研究学会(H21・12/9・10 奈良)

発表者

タイトル

川 二美

緩和ケアチームの現状の報告と今後の展望

ページの先頭へ

平成27年度 EPA受け入れ説明会 事例発表(H26/5・19 大阪)

発表者

タイトル

渡辺 泰久、笹山 美代子

EPA看護師候補生受入れの実際

国際厚生事業団 外国人看護師候補者受入施設会議 「看護師国家試験合格者報告会」(H27/8・8 大阪)

発表者

タイトル

芦塚 千賀子、リバティ

第104回看護師国家試験合格者報告

ページの先頭へ

医学書院 「訪問看護と介護」 2009(H21).2.15発行

発表者

タイトル

松延 理恵

在宅療養が継続できず病棟で看取りにいたった症例の検討

ページの先頭へ