リハビリテーション部 Rehabilitation Department

先輩からのメッセージ

作業療法士

イラスト:療法士
脳血管障害分野の作業療法に興味を持ち当院に入職し7年となります。入職当初は右も左も分からず、作業療法とは何か?患者様にとっての意味ある作業とは何か?作業療法士として何ができるのか?など悩みが絶えずに仕事をする毎日でした。
作業療法士は退院後のADL・IADLといった患者様の生活を一番に考えることができる職種です。作業療法士として患者様にできることが分かり始めた頃から作業療法の楽しさ、やりがい、責任感を持って仕事ができるようになったと思います。
また当院はPT・OT・STからの専門的な意見、他職種からの意見が的確であり、カンファレンスや退院支援がスムーズに進むなど、他職種連携・チームワークの強さを感じます。洲本市自立支援型地域ケア会議などにも参加させていただく機会もあり、病院外の専門職の方と関わる機会が増え、より作業療法士としての専門性・需要の高さを感じており、更なる作業療法士の可能性を感じています。
作業療法士 神木 由佳理
イラスト:療法士
今回は、先輩からのメッセージということで、この病院の魅力についてお話しさせていただきます。この病院の魅力は、各期を経験できることです。私は、急性期・回復期しか経験ができていませんが、それでも各期の違いを知ることができて勉強になっています。また様々な疾患の方がいらっしゃるので、より勉強になっています。
これから私は、それ以外の病時期の患者さんも経験し、より患者様の人生を過ごしやすくできるように、作業療法をさせていただく予定です。「もしどの病時期に入ったらいいのだろうか?」と迷われている入職希望者がいらっしゃいましたら、ぜひ洲本伊月病院へ。 このページを拝見していただきありがとうございました。一緒に働ける日を心待ちにしています。
作業療法士 瀬野 貴之