カテゴリー: お知らせ

PET装置の更新を行いました。 最新機のPET/CT装置を導入しています。

ご予約、お問い合わせは、当院 0799-26-0770 担当 川﨑 まで

Discovery IQ (GE社製)

島内の事業所様で、20名以上のお申し込みなら、インフルエンザの予防接種を事業所に医療スタッフがお伺いして行うことができます。 費用は、お1人様 3,000円×人数分(税込み)です。(※出張費用は無料です)

訪問時間帯は13時~16時でご予約をさせていただきます。

ご要望、お問い合わせは、健診センター0120-185-150までご連絡ください。

ナースの訪問授業に行ってきました。 将来、看護師・理学療法士・検査技師・薬剤師などを目指している高校2年生、38人を対象に兵庫県立淡路三原高等学校で訪問授業を実施しました。

テーマは、生きていることに感謝~患者さんご家族さんが地域で暮らす支援~
病状が進行していく難病患者さんと、そのご家族の方が念願だった自宅退院をどのように実現できたか 体験談を伝えることが一番分かりやすいのではないのかと考えお話しをしました。

授業では実際、患者さんが使用した同じカテーテル類(気管切開カニューレ・吸引カテーテル・点滴チューブ・経管栄養用チューブ・唾液持続吸引チューブ・バルーンカテーテル)などに触れ患者さんの立場になってイメージしてもらい、生徒と一緒に考え率直な意見も聴くことができました。命(病状)と向き合いながら退院を進めていくには、医師や看護師だけではなかなか前に進まないことや、多職種と協働することで、大きな力が発揮できたこと、その中での看護師の関わりをスライドで紹介しました。

授業前と後で、生徒の皆さんが想い描いていた医療の現場や自身の進路について変化があった中では、「患者さんから、看護師として人として学び教えていただく事が沢山ある」「思っていた以上に大変なお仕事」「家族の方との関わりをあまり考えていなかった」 「より看護師を目指したい」「人と人との出会いがあるから丁寧に向き合う」など他には、あまり変化がなかったなど様々ですが、進路を目指す上で少しでもお役に立てれば幸いです。 「生きていることに感謝」は、7月七夕の短冊に込められた患者さんの言葉です。 緊張感の中にも笑いあり、大変貴重な経験をさせていただいたことに感謝します。

看護部長 木下昌子

兵庫県看護協会の活動事業の一環である、「まちの保健室」より東播支部を代表して当院から、井上知明師長が表彰されました。「まちの保健室」は、阪神淡路大震災後、兵庫県看護協会が始めた事業です。被災された方々の不安や悩みの相談を受け入れながら地域で暮らす支援をおこなってきました。現在は、「健康相談」「健康チェック」「子育て支援」「生活習慣病の予防・指導」など地域のニーズに合わせた内容に変化してきています。洲本伊月病院も、「まちの保健室」へ参加して10年を迎えます。今回の表彰は継続してボランティア活動をおこなっている看護師長たちの日頃の業績が認められたことと大変感謝いたします。

看護部長 木下昌子

まちの保健室

初めての試みとして地元、洲本市立加茂小学校の2年生(5名)を対象とした、生活科学習「町たんけん」の一環として洲本伊月病院の施設見学をしてもらいました。こどもたちからは、1日どのくらいの人が来ますか?、どうしてこの病院ではたらこうと思いましたか?、病気をすべて治せますか?などの質問を受け専門用語を使わず、ゆっくりと話すことを心掛け「わかったかな・むずかしかったかな」と聞きながら1つ1つ回答させてもらいました。普段は、目にする機会が少ない病院設備や備品類に興味深々な様子でした。お医者さんに会いたいですか?と聞くと「はい・会いたい」と言う返答があり診察後の岡田院長先生とご対面していただきました。こどもたちからは「病院で一番偉い人ですか・院長先生やー」と白衣を着た先生が目の前にいることで、ややパニック状態でした。院長先生からは、頭部MIRや頭部3DCT画像を見せてもらい「すごいー・ここは何かな」と自分たちでしっかり質問もしていました。診察廊下で待つ患者さんやご家族の方、病院職員からも元気で明るい、こどもたちを見て誰もが自然と笑みがこぼれていました。 私達もつかの間の癒しとパワーをいただきました。今後も小学生のみんなに「見学したい施設」として選んでいただけるように、頑張っていきます。

看護部長 木下昌子

洲本伊月病院のホームページにアクセスいただきありがとうございます。
この度、ホームページをリニューアルいたしました。
今後も、よりいっそう内容を充実させ、利便性の向上に努めてまいります。
今後ともよろしくお願いいたします。

HPをリニューアルしました